Skip to content

NAPA Steel合同基礎トレーニング

場所

NAPA Japan株式会社 会議室
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通り5番地 商船三井ビル512C

View map

■対象

  • NAPA Steel未経験の方
  • NAPA Steel既存ユーザーの方で、NAPA Designer/NAPA Draftingによる操作方法を学ばれたい方
  • NAPA Designer/NAPA Draftingを用いた効果的なNAPA Steelの運用方法を検討されたい方

■概要

NAPAシステムの基礎からNAPA Steelによるモデリング及びデータ出力基礎の習得を目的としたトレーニングコースです。 NAPA Designerを用いて板部材から骨・ブラケットなどの構造部材のモデリングした後、そのモデルから各種情報の取得やNAPA Draftingによる図面作成などを行います。

本トレーニングは、基本的にNAPA Designer/NAPA Draftingをベースに行いますが、NAPA Designerに未実装の一部の機能については、従来のNAPA Steelを用いて説明・演習を行います。

トレーニング最終日は、新しくなったNAPA Steelをより効果的に運用いただくため、各種ライブラリのカスタマイズの説明 (一部は概要のみ) やNAPAマクロを用いた簡単なモデリング自動化の紹介を致します。

■内容

【Day 1】
NAPA Steelの概要、NAPA Designerの基本操作、板部材のモデリング

【Day 2】
板部材のモデリング(続き)、構造部材のモデリング

【Day 3】
出力機能基礎 ① (NAPA Draftingによる図面作成、船級ソフト連携用データ、物量)

【Day 4】
出力機能基礎 ② (FEMモデル)、モデリング自動化の基礎、カスタマイズ基礎(各種ライブラリ等)、Q&A

■習得できる知識・スキル

トレーニングを通じて取得できる知識の目標は以下の通りです。

【モデル作成】

  • 初期設計で求められる、承認図・Coarse Mesh・船級ソフト連携に活用できるレベルの3D構造モデルを作成できる
    (板部材の他、スティフナ、ブラケット、シーム、プレートを含む)
  • 構造モデルを簡単なブロックに分割することができる

【データ出力】

  • NAPA Steelモデルから以下の情報を取り出す事が出来る
    (1) 構造図面 (DXF、DWG)
    (2) FEMメッシュ
    (3)船殻重量や各種物量

 NAPA Steel操作、その他】

  • NAPA操作の基本を習得し、複雑なモデルもカスタマーサポートを利用しながらモデル化する事ができる
  • NAPA Steelによる3D構造モデリングを行う上での注意点
  • NAPA Steelで用いるライブラリの基礎知識と初歩的なカスタマイズ方法

■費用

1人16万円 (食費・宿泊費は除く、消費税別)

※1人1日当たり4万円で部分参加も可能です

■定員

最小催行人数   : 3名
定員                 : 10名程度 (オンライン時は 8名)

※定員になり次第締め切らせて頂くことがございます。
また、お申し込みが最小催行人数に達しない場合は延期させて頂くこともございます。
予めご了承ください。

■その他

・参加に際して,各自NAPAをインストールした64bitのノートパソコンをご持参頂きます。
・64bitのノートパソコンのご準備が難しい場合、有償にて弊社で手配可能です(この場合は、トレーニング費用と合わせて請求させて頂きます)。
・トレーニング期間中はトレーニング用ライセンスを発行いたします。
・トレーニングでは弊社提供のサンプル船データを使用いたします。

ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
E-mail: Customer.Service@napa.fi
Tel   : 078-325-2160

関連イベント